よく自動車を運転する多くの人がやってしまう違反は速度違反です。
幹線道路などで周りの自動車の流れに乗っていて、気が付くとそのまま一人だけになってしまい速度違反となってしまうケースが多くなります。
もちろん速度違反は立派な道路交通法違反ですが、時速60キロ制限の区間でも普段交通の流れが良い時は時速70キロや時速80キロ近い速度で流れていることが多くあります。
自動車を運転するうえで最も気をつけなければならないのは道路交通法に違反しないように走行するということです。
時速60キロ制限の区間であれば時速60キロで走行するようにしましょう。
しかし現実的に、時速70キロや時速80キロ近い速度で流れているところで時速60キロで走行するのは危険に感じることもあります。
そこで、レーダー探知機や盗聴探知機を自動車に付けるようにしましょう。
これらの装置を付けることによって、警察車両の確認やオービスなどのスピードカメラの情報を事前に知ることができます。
そうすることによって、幹線道路などで周りの流れに乗れずに危険な思いをすることは激減し、自分の自動車を守ってくれます。
また安全面でも非常に安全で事故の確率を下げることができます。
a0001_008109