スピード違反を未然に防ぐため、レーダー探知機は非常に重要です。この装置は基本的に警察が取締を行う時に発せれられる電波等を探知して運転車に知らせる装置です。また、オービス等の電波も探知します。以前のものはコンビニやスーパー等の自動ドアのセンサーに反応してしまい、俗にコンビニ探知機などと言われていた時代もありましたが、今では非常に高性能化しておりそのようなことは少なくなりました。しかし、取締の方も電波を使わなかったり、ステルスと言われる直前に電波を出すなどして速度を測定する取締が増えてきました。そのため、新しく出てきた物はこれらの取締に対して様々な対策をするようになってきました。例えば、警察の取締ポイントの情報や新しく設置されたオービスを随時更新して、運転車に知らせる物もあります。さらにカーロケ等の警察無線や緊急無線を探知出来るようになっているものもあります。また、GPS機能が付いていることでより正確に取締ポイントの位置や警察車両等の緊急車両の位置、オービスの位置を特定出来るようになっています。また、付属の機能としてナビシステムや燃費情報等を知らせてくれる物もあります。
一度捕まると1万円以上の反則金を支払わなくてはなりません。それらを防ぐ意味でもこのような装置を手に入れることは非常に重要だと考えます。
af0060020114m

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。