セキュリティや治安が良くなっている、と言われていますが盗難や車上荒らしは増えています。治安が良いために、特に何の対策をしなくても大丈夫、と考えている人が多いのかもしれません。そういった点から日本から海外への車の不正輸出や、日本人の危機意識の低さを利用した車上荒らしは非常に多いと言えます。
しかし、高級車に乗っていない、金目のものを持っていない、というのは実は関係がありません。
昨今では、小銭やバッグ、上着、CDなどが無造作に置いてあってもターゲットにされる可能性があります。また、タイヤ、純正のアルミホイール、エアロパーツ、サスペンションなど車内以外のものが盗られてしまう事件もあるのです。これは、中古商品の売買が活発化している、ということも影響されています。
そのため、こういった事件を未然に防ぐにはちょっとした対策をする必要があります。具体的には、ちょっとだけ車から離れる場合でもエンジンキーを車内に残さない、車内にバッグや財布などの貴重品を置いておかない、出来るだけ明るく見通しの良い場所に駐車する、などが例として挙げられます。当たり前のことと言えばそうですが、意外と忘れていたり意識していない人が多いのも事実です。また、これ以外にもセキュリティグッズを装着することも重要と言えるでしょう。
af9920042558l

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。