盗聴と言うのは、会話などを会話をしている当人に知られないように盗み聞きする事を意味しています。 また、この会話をリアルタイムに聞く方法もあれば、録音をして後か聞くと言った方法もあります。 何れにしても盗聴と言うものは一つの犯罪であり、プライバシー権の侵害に当たる行為でもあるのです。

この盗聴を行う際に利用するのが盗聴器と呼ばれるものです。

盗聴器は家の中、会社の事務所の中など様々な室内に取りつけられたりするのが特徴です。 盗聴器は何処に仕掛けられているのか不明確であるケースが多いものです。 中にはACコンセントの内側に仕掛けられているケースもあり、見た目だけでは盗聴器が仕掛けられているのか解りません。

盗聴器を探す方法として盗聴探知機が有ります。 この機械には、大きくわけて電波探知機タイプとレシーバータイプの2つの種類が有ります。 盗聴器は電波を発信する回路が有りますので、これらの探知機を使って盗聴器が仕掛けられているかどうか、どこにあるのかを探し出すことが出来るのです。

因みに、盗聴器には電源が必要になりますが、電池式などの場合は電池が切れることで盗聴は出来なくなります。 しかし、ACコンセントなどに仕掛けられている場合は、ACコンセント部分から電源を供給するタイプもあり、このような盗聴器は電池切れがないと言う特徴があります。 そのため、常に会話などを聞かれてしまうと言うリスクがあるのです。
a0002_005125

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。